思いつきもせず起こるのが自動車の事故です。そこでどうやって行動したことで、保険金の受け取り額もかなり変わる時も予想できますので的確な決断と対策が求められます。思いつきもしないハプニングに出会って冷静さを失ってしまうのならば対処を忘れてしまい自身がとても大きな損を負う場合も予測できるので交通事故に巻き込まれた状況では冷静に次に述べる行動をしましょう。乗用車の事故を起こした時にまずする必要があるのは負傷者の有無を確認する必要があります。後は頭の中が真白になってぼうぜん自失となってしまう状況がありすぐには行動できないのが一般的です。その状況では、負傷した方がいた時に安全が確認された場所へ移してできる限りの手当を行って、周りに助けを呼ぶなどを行い要救助者の優先に努めましょう。救急車に連絡する時は明確な事故現場を告げて、分からない状況では付近の分かり易い学校や場所名を連絡し事故が起こった地点が分かってもらえるようにします。その後で警察に連絡し、自動車の事故があった旨さらに簡単に状況を説明します。救急車と警察が来るのを待っている時間に相手側の内容を確認します。氏名、電話番号、相手側の保険の会社名等それぞれの情報をやり取りします。相手側に過失があった場合即刻やりくりしようとする場面がよくありますがその場で結論を出すのではなくどういった状態だとしても警察署や自動車保険会社に届けきちんとジャッジしてもらう事が大切です。互いの内容を教えたら交通の妨げになるのを避けるために邪魔な物を道路の上からどけます。仮に障害物が誰かの邪魔となっている場合には、それぞれの情報交換をするより優先してそれを終わらせてしまっても問題ありません。ここで自身がお金を払っている保険会社に知らせ車の事故が発生したことを届け出ます。事故から一定期間の間に自動車保険会社に報告していないと保険の適用除外とされることも考えられるので気がついたら速やかに行動することが大切です。可能であれば現場の証拠になるように手持ちのカメラや携帯のカメラなどを用いて状況や自動車の破損の様子の写真を撮っておきます。その写真は過失割合を決める大きな証拠とできるので自らの愛車や相手の車の破損をきっちりと証拠写真として残しておくことが大切です。この状況で他の人がいるのであれば警官や自動車保険会社の人が到着するまでその場にそのまま待機してもらえるように依頼するのも忘れないようにしてください。